三菱UFJトラストシステム株式会社

Recruiting Information
マイページ
エントリー
マイページ
エントリー
     
  1. HOME
  2.  
  3. 業務内容

社員の声

社員の声

現在の仕事
資産管理業務に求められていること

2008年に起きた世界的な金融危機“リーマンショック”以降、資産運用での投資対象商品が大きく見直されたことで、資産管理業務の専門性はますます高まってきています。特に外国の株式・債券の商品が多様化しており、発行国や流通市場ごとに異なる法令・税制等を把握しながら資産管理を行う必要があります。私は日本マスタートラスト信託銀行のシステムのうち、外国の有価証券を管理するシステムを担当しています。目まぐるしく変化する世界の動きに対応するため、最適なシステムをスピーディーに提供していくことを心掛けています。

成長の実感
相手に応じてコミュニケーション方法を使い分ける

担当システムは複数の外部機関とデータ授受を行っています。その接続方式や仕様は、制度改正や機能拡充のタイミングで変更されますが、経験が浅い私にとって仕様を理解することは容易ではありませんでした。例えば社内の他システム担当者には通じる表現が、社外の方には伝わらないこともありました。データの授受を行う場合は、認識齟齬は致命的です。私は自分の意見や相手への要求をわかりやすく正確に伝えるために図や具体例を用いて、コミュニケーションを密にとることを第一としました。自分の目線ではなく相手の立場になって対応したことで、認識齟齬が無くなって開発スピードや品質が向上し、計画通りの期間で高い品質のシステムを作り上げることができました。

新たな挑戦
高いハードルを越えることで

これまでの経験から、より良いシステムを作るためにはユーザーとの対話を重ね、要求の本質を捉えた案を提示し、システム化することで「ユーザーが望むシステム」を提供できると考えています。今、担当している案件は、業務難易度が非常に高い案件です。私自身が大きくステップアップすることを目標に、主体的に取り組んでいます。対象となる外国債券の詳しい知識も必要となります。ユーザーとの対話も重視しながら、新しい商品のシステム化に積極的に取り組んでいます。

業務システム(年金・資産運用・資産管理)担当

  • 条件をリセットして戻る
  • 条件を維持して戻る
PAGETOP