PROJECT 01

銀行業界初!
企業型確定拠出年金向け
スマートフォンアプリ

プロジェクトの概要

近年、個人の資産形成に対する関心度が増す中、加入者自身が年金の掛金額・運用をコントロールできる「確定拠出年金」を採用する企業は増加傾向にあります。
確定拠出年金は、目的や状況に応じて加入者自身で運用商品の選択、振替(変更)ができる制度ですが、資産形成への関心が低い、Webサイトへのログイン操作が煩わしい等の理由により、年金の掛金額・運用をコントロールしている加入者は少ない状況でした。
加入者の運用をサポートし、年金資産増につながる機会を提供することは年金を受託している信託銀行の責務です。
この課題を解決するため、自分に合った運用商品を適宜選択し運用できるよう、操作性の改善や運用をサポートする機能を充実させたスマホアプリを開発することとなりました。

D-Canvasの3つの「かんたん」機能

プロジェクトの特性

お客様からのアンケート結果を参考にし、次の3点を開発しました。
一点目は、現行のスマホ画面からデザインを刷新し、視覚的/感覚的にわかりやすいアプリ専用の画面デザインを構築。二点目は、ログイン時の負担を減らすよう「生体認証」機能を導入。三点目は、低関心層の加入者(元本確保型商品のみ保有等)の運用をサポートする機能の構築です。

当部で初めてのスマホアプリ開発だったので、メンバーの技術向上も大きな目的のひとつとしました。
スマホアプリ開発に精通したベトナムのソフトウェア開発ベンダーと新規契約することで、技術を吸収できるメリットに加え、コストを抑えるメリットが追求できたことも、このプロジェクトの特徴です。

プロジェクトでの担当(役割)&実績・成長

担当(役割)
当該業務やシステムについて知識を持つ経験者として、アプリ機能全般の上流工程(要件定義・設計)とテスト検証を担当しました。
また、新規ベンダーのオフショア開発作業がスムーズに進むよう、開発プロセスの共有や開発ルールの周知等を推進しました。
実績・成長
アプリ特有の検討事項について、担当者と丁寧に確認作業を進めることで、一つ一つ漏れの無いよう解決していきました。
また、このプロジェクトの大きな目的である「加入者の使い易さ」を常に意識して取り組むことにより、お客様目線のアプリを開発することができました。
担当(役割)
アプリ画面の要件定義、設計、製造、テストまでの一連の工程を担当しました。
また、デザインチームと協力し、UI/UXに着目した画面設計を経験しました。
実績・成長
アプリ開発ツールでは、React Nativeというフレームワークを使用しました。
フレームワークの使い方も含め、アプリ開発に係るノウハウを身につけることができ、後続開発へも活かすことができました。
担当(役割)
先輩のサポートを得ながら、アプリの「プッシュ通知」機能及び「プッシュ通知の効果検証」機能を実装しました。
「プッシュ通知」は、外部サービス(Google FCM)との連携が必要ですが、接続仕様から確認し問題なく実装することができました。
実績・成長
ユーザーと何度も打合せを重ね、「お客様目線」を意識して機能を作成しました。
初めての経験ばかりで苦労しましたが、その分新しい知識や技術が身に付き、成長できたと実感しています。
担当(役割)
UI/UXデザイン経験の豊富な先輩社員とともにアプリ画面のデザイン・ロゴの作成を行いました。
複数のデザインツールを使用し、画面構成の検討から色・余白などのレイアウト調整まで行いました。
実績・成長
金融商品を扱うため表示すべき情報量が多く、画面にバランスよく収めるのに大変苦労しました。
画面の構成や各項目の位置を工夫することで、多くの人にとって操作しやすい画面を作ることができました。

プロジェクトの特性

サービスイン後のアプリインストール数は順調に増加しており、運用商品振替が活発化するなど”アプリ効果”が表れています。
プロジェクト着手前の現状分析、それを踏まえたターゲットの絞り込みを行うなど、プロジェクトの目的を明確化したことにより、ユーザーとシステム開発メンバー間での認識のずれもなく、目的に応じた最適な機能や手段を選択できたことが、プロジェクト成功の要因だと感じています。

初めてのスマホアプリ開発、初めてのベンダー、コロナ禍による今までとは異なるコミュニケーション手段等、経験のない事ばかりのプロジェクトでしたが、各メンバーが目的をしっかりと意識して自分の役割を全うしたことで、プロジェクトは成功を遂げ、今後の開発(とくにスマホアプリ開発)に繋がる実績ができました。

プロジェクトメンバー自身も、技術面やマネジメント面で大きく成長することができたと感じています。
アプリ機能追加対応も予定しており、今後の更なる活躍が楽しみです。

今後の目標

新技術にも知見を持ち、ユーザーの期待を超えるシステムの提案ができるように自己研鑽していきたいです。

プロジェクトを通して得た知識・技術をブラッシュアップし、今後のアプリ追加対応に向けてさらに守備範囲を広げていきたいです。

アプリ開発のみならず、他の新しい技術についても貪欲に学んでいきたいと思います。
今回は先輩のサポートを得ながらの作業でしたので、更に経験を積んで次は独力で担当できるように頑張ります!

社内のシステムには、デザイン面から改善余地のある課題がまだまだあります。
これらの解消はもちろん、利用者にとってより魅力的で使いやすいシステムに改善できるよう、多くの経験を積み、一人前のデザイナーになりたいです。

今回未知の分野に挑戦することで、皆が成長できる素晴らしさを学びました。
今後も様々な分野に興味を持ち、挑戦し成長し続けたいです。

管理職として、部下が日々成長し活躍できる機会を増やすことを意識するとともに、システムのプロとして、今後もユーザーへの提案から行い、より良いシステムを提供できるよう努力し続けたいと思います。

PROJECT 01
PROJECT 02